法律における「第三者」の意味

法律で「第三者」というときは、通常ある法律関係について当事者以外に新たに利害関係を持つに至った人のことを指します。
当事者が2人以上いるときに3人目のことを指すわけではありません。
ですが条文によっては、その趣旨にしたがって限定的に解釈することがあります。
たとえば民法の177条では、不動産に関する物件の得喪及び変更は登記がなくては第三者に対抗できないと定められています。
この場合の「第三者」は、当事者以外の者をすべて無制限に指すわけではありません。
判例によると、登記がないことを主張する正当な利益を有するものとされています。
どのような人が「正当な利益を有する」といえるかというと、たとえば不動産の二重譲渡の場合の第一譲受人と第二譲受人がこれに当たります。
すなわち、同じ不動産を2人の人に売買した場合には、先に登記を備えた方が所有権を取得できるのです。
一方不動産を不法に占拠している人は、登記があったとしても、「正当な利益を有する」ということはできません。

1歳誕生日プレゼント

奈良 レンタサイクル

大阪府茨木・高槻・豊中対応のブランド買取専門店

江坂・吹田エリア対応の買取・リサイクルショップ

最新記事

  • 法律は理解するとそれほど難しくはないのですがそこに辿り着くまでがとても大変です。
    民法の条文に …

    続きはコチラ

  • 第三者は当事者以外にその他の関係する者のことをこう読んでいます。
    もちろん案件では当事者は対立 …

    続きはコチラ

  •  法律上の第三者は、日常使われるものとよく似ていますが、場合によって若干異なります。
    定義上は …

    続きはコチラ